ラーメンと南部

京都DRラーメン放浪記

京都DRラーメン放浪記

「京都DRラーメン放浪記」にようこそ。

ここでは京都市南部以南の紹介をしています。





★☆は独断的お勧め度です。m(_ _)m

ばんらい屋」は竹田駅から東へ24号線を超えた所にあります。写真は醤油ラーメン大。一言で表現すると、完成度の高い醤油ラーメン。見た目は新福菜館のようですが、塩気は抑え目ですっきりしています。麺は細めのストレート麺。チャーシューは脂身が多い腕肉で柔らかい。替え玉1回無料、駐車100円キャッシュバック。
京都市伏見区深草西浦町8-114-1武一ビル1F 竹田駅1出口から徒歩約6分
電話番号 075-645-5557
営業時間 月,火,木〜日 11:00〜14:30,18:00〜22:30
定休日 毎週水曜日
★★☆




写真は下鳥羽の国道1号線沿いにある「銀閣」のラーメン。一時、伏見区に住んでいた頃、ちょくちょく食べに行きました。名前の由来は元々銀閣寺の近くで屋台をしていたからだそうです。隠し味醤油アンド豚骨・鶏がらスープは非常に濃い色をしていますが、意外とすっきりした味です。京都市伏見区下鳥羽城ノ越町90 伏見駅出口1出口から徒歩約24分
電話番号 075-621-8238
営業時間 火〜日 12:00〜23:00
定休日 毎週月曜日
席数 30席
★☆☆




山科の老舗「夜鳴きや」。火曜から金曜の朝から売り切れまでのためなかなか時間が合わない(泣)。ちょっと豚油が浮いた昔なつかしい透明感のある鶏がら醤油スープ。コシのある細目のストレート麺との相性が良い。チャーシューが大きくて厚みがあるのも嬉しい。卓上に用意されたニンニクの醤油漬や旨し。
京都市山科区大塚南溝町36 東野駅6出口から徒歩約10分
電話番号 075-592-9800
営業時間 火〜金 11:00〜18:00
定休日 毎週月曜日、毎週土曜日、毎週日曜日
★★☆




黒潮ラーメンののぼりが目立つ「スープ食堂」。油小路通と丹波橋通の交差点にあり、駐車場が広い。店内はレストラン風で席が多い。名物の黒潮ラーメンは数量限定の鯛を用いたスープです。麺は「宝産業」直送の太めの縮れ麺。鯛をまるごと焼き上げ、骨が溶けるほど煮込むという割には臭みがない。さすが鯛。
京都市伏見区南寝小屋町14 丹波橋駅北出口1出口から徒歩約18分
電話番号 075-611-7378
営業時間 月〜日 11:00〜24:00
定休日 水曜日
席数 49席
★☆☆




木津川市梅谷の「無鉄砲 本店」。話には聞いていましたがすごい列。超濃厚とんこつスープが縮れ中太麺にからんで旨し。濃度の割には臭味が少ないのも良い。高菜を乗せると変化が出てまた楽しい。難点は替え玉も外に出て食券を買わなければならないこと。ただ替え玉をストレート細麺にするとまた変化を楽しめる。
木津川市梅谷髯谷15-3 木津駅出口から徒歩約44分
電話番号 077-473-9060
営業時間 火〜日 11:00〜15:00,18:00〜23:00
定休日 毎週月曜日
席数 6席
★★☆




城陽市の東の端、国道307号線沿いにある「俺のラーメン あっぱれ屋」。遠いけど食べに行く価値はある。豚骨・魚粉ベース塩白湯スープに固めの自家製平打ち麺。大盛でも同料金。チャーシューとメンマも旨い。この日は80分待ちだった。えらいぞ、俺!
城陽市奈島下小路11 山城青谷駅出口から徒歩約44分
営業時間 月〜日 11:30〜14:30
定休日 毎週日曜日、祝日、毎月第4土曜日
席数 18席
★★★




はじめて台湾ラーメンを食べたのは名古屋の味仙。台湾人店主いわく、台湾では食べてないらしい。名古屋から徐々に他府県に広がりつつあります。京都では城陽市寺田の「ラーメンやたい」で食べられます。底からよくかき混ぜるよう壁に書いてあります。野菜の甘さと唐辛子のぴり辛が楽しいスープ。細麺とよく絡みます。
城陽市寺田袋尻 27-4 城陽駅西口出口から徒歩約7分
電話番号 0774-53-9974
営業時間 月〜日 11:00〜23:00
定休日 無休
★☆☆




千本一条から移転した「麺屋(ひろ)」の塩ラーメン。愛想のよい店長は元「夢人」のひと。スープは鶏・ホタテベースの塩味で香味油の香りが食欲をそそる。自家製麺はややウェーブのかかった中太麺はぷりぷり。中厚のチャーシューがしっかりと入っている。シャキシャキの白髪ネギ、しっかりしたシナチク、糸唐辛子がアクセントになっている。
山科区東野百拍子町25-2 東野駅3出口から徒歩約4分
電話番号 非公開
営業時間 火〜日 11:00〜14:00
定休日 毎週月曜日
席数 8席
★★☆




ヨドバシカメラ6階の「ちゃぶ屋 とんこつらぁ麺 CHABUTON 京都ヨドバシ店」。写真は「夜とんらぁ麺」。スープは辛し味噌とんこつ、麺は細麺。具はチャーシュー、ネギ。特筆は、替え玉1回無料。スープに替え玉タレ、ゴマ、紅ショウガを入れると、長浜ラーメンにそっくりだ。これまた楽しい。
下京区東塩小路町590-2 京都ヨドバシ6F 京都駅3出口から徒歩約1分
電話番号 075-354-8166
営業時間 月〜日 11:00〜23:00
定休日 無休
★☆☆




「ラーメン萬福京都駅前店」のチャーシュー麺。京都駅北側広場から西へ油小路近くまで歩きます。スープは豚骨醤油味。平均的京都ラーメンよりも豚肉の味が強いように思います。麺はやや細めのストレート麺で滑らかでスープが絡みます。チャーシューは柔らかい。全体的にしっかりしていて食べた感があります。
下京区東油小路町552-14 京都駅ビックカメラ出口から徒歩約3分
電話番号 075-361-9325
営業時間 火〜土 11:00〜22:00 日 11:00〜21:00
定休日 毎週月曜日
★☆☆




大黒ラーメン東福寺店」は私の知っているラーメン店の中でコストパフォーマンスは最高と思います。スープは背脂醤油系で平均的な濃さ。麺は細めのストレート麺。シンプル・イズ・ベストなのかもしれません。さらに驚きは、食後もらえる100円割引券。次回さらに安くなります。伏見区京町大黒町118の本店も美味しかったです。
東山区本町13-246-1 東福寺駅出口から徒歩約0分
電話番号 075-541-3153
営業時間 土,日 11:30〜23:00
定休日 毎週月曜日
★★☆




「本家 第一旭 たかばし本店」は醤油ラーメンの王道と思います。あっさり目の背脂に絡まった醤油スープは軟らかめのストレート麺との相性が良いです。たくさんのラーメン店ができましたが、無性に食べたくなります。
京都市下京区東塩小路向畑町845 京都駅ポルタA3出口から徒歩約2分
電話番号 075-351-6321
営業時間 月〜日 05:00〜26:00
定休日 毎週木曜日
席数 25席
★★☆




30年以上前の話。高倉跨線橋(たかばし)の第一旭本店に行ったところ、隣りにもラーメン店があるではないか。名を「新福菜館 本店」という。後日食べに行くと真っ黒なスープ。独特の色は焼豚のおこげらしい。旨い。一緒に頼んだ焼き飯がとくに旨い。聞くと現存する京都のラーメン店のなかで一番古いそうだ。なんと1937年創業。
京都市下京区東塩小路町向畑町569 京都駅ポルタA3出口から徒歩約2分
電話番号 075-371-7648
営業時間 月〜日 09:00〜22:00
定休日 不定休
席数 51席
★★☆




Copyright (C)  All Rights Reserved 
TOPページ

京都DRラーメン放浪記〜一乗寺
京都DRラーメン放浪記〜河原町周囲
京都DRラーメン放浪記〜下鴨周囲
京都DRラーメン放浪記〜大宮から二条駅
京都DRラーメン放浪記〜御所周囲
京都DRラーメン放浪記〜京都駅から南西部
京都DRラーメン放浪記〜
京都DRラーメン放浪記〜
京都DRラーメン放浪記〜
京都DRラーメン放浪記〜閉店



ラーメンのリンク集
健康食品のリンク集(1)
京都関連のリンク集
他のリンク集



プロフィール

相互リンクについて
[PR]